女性ホルモンWEB TOP → 女性ホルモン補充治療 HRT治療の種類

HRT治療の種類

HRT治療で投与されるエストロゲンの種類には、飲み薬と貼り薬があります。どちも女性ホルモンを補って活性化させる治療方法です。

・飲み薬
エストロゲンを含んでいる錠剤を飲む治療方法です。飲み薬によるHRT治療ではエストロゲンが消化器を経由して血液中に入っていきます。同時にプロゲステロンを飲みます。皮膚がかぶれやすい方に向いています。

・貼り薬
薬を飲む代わりにへその横や腰に湿布薬と同じような貼り薬を貼る治療方法です。張り薬では皮膚からエストロゲンが放たれて直接毛細血管中に入っていくため、飲み薬よりも投与量は少なくて済み、胃腸が弱い方に向いています。貼り薬にはプロゲステロンがありません。

HRT治療で補充する女性ホルモンは当然のごとく子宮にも作用するため、治療によって月経と同じように出血が起こります。出血させるかどうかでも治療方法が異なってきます。

・出血を起こさずに治療
既に閉経されている方は、また生理が起こるのはとてもわずらわしいものです。そういう方には出血を起こさずに治療していきます。

この方法では、2〜3日毎に貼り薬を貼りかえながら治療を継続していきます。それと一緒にプロゲステロンの内服薬を1日1錠服用し続けます。この方法は閉経後2年以上経過している方に向いています。

・出血を起こして治療
パッチ剤を何回も貼り替えて継続していきます。それと同時にプロゲステロンの内服薬を1日1錠ずつ月末の10日間だけ飲みます。これによって次月の初め頃に月経のような出血が起こります。この方法は閉経前や閉経後2年以内の女性に向いています。

女性ホルモン補充治療

ペットホテル 東京
http://www.pethoteltokyo.com/

札幌でピアノ調律、中古ピアノ買取販売なら札幌市の井上ピアノ
http://www.piano-inoue.com/

BACKLASH 通販
ISAMU KATAYAMA BACKLASH

犬のしつけ教室
http://www.pethoteltokyo.com/