女性ホルモンWEB TOP → ホルモンバランスの変化 女性のホルモンバランスの変化

女性のホルモンバランスの変化

女性ホルモンの分泌と女性の一生は密接な関係があります。女性は思春期を迎えて、結婚し妊婦としての役割を引き受けて子供を産み、更年期になると妊婦としての役割を終えます。この流れは女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンによって作り出されます。

0〜7歳までの小児期の間は、女性ホルモンの分泌量はごくわずかですが、8〜19歳までの思春期に初潮を迎えると急激に増加していきます。女性はこの時期に丸みをおびた女性らしい体に変化していきます。

この時期は、女性ホルモンの分泌量が急激に増えてくるのでホルモンのバランスが不安定になりますが、ホルモンのバランスが安定するとともに月経周期のリズムが整って徐々に成熟していきます。

20〜30代までの成熟期では、女性ホルモン分泌がピークに達して、エストロゲンの恩恵を受けることによって女性が一番美しく輝くことができる時期です。心身ともに女性らしさを堪能できる時期です。

成熟期を過ぎて40代になると卵巣機能が衰え始めるので、女性ホルモンが徐々に減少していきます。閉経へ向けてホルモン分泌量がゆるやかに下降していきます。この時期に更年期を迎えますが、その時期や長さ、症状については個人差があります。

閉経するとプロゲステロンの分泌が停止してエストロゲンの分泌量もごくわずかになり、老年期を迎えます。生殖機能が完全に停止して肉体が老化し妊婦としての役割を終えます。

最近では老年期でも若々しく元気に過ごされる方が増えてきています。老いを前向きにとらえて生活を楽しむことが大切です。

ホルモンバランスの変化

ティアモ
ティアモを購入するなら当サイトで!

アセタノール
アセタノールなら医療関係者向けの製品情報サイトで!