女性ホルモンWEB TOP → ホルモンバランスの変化 ホルモンバランスと病気

ホルモンバランスと病気

ホルモンバランスの崩れはストレスや不規則な生活によって年齢を問わず起こってしまいます。そのため女性が美しく健康に生活していくためには、女性ホルモンのバランスを整えていく必要があります。

女性ホルモンバランスが崩れてしまうと、その不調は日常生活にまで影響を及ぼしてしまい、生理痛や頭痛、肩こり、不眠、イライラなどの健康面の症状が現れ、肌のシワやたるみといった美容面にまで及んでしまうこともあります。

最近では更年期を迎えた中高年の女性だけに限らず、若い女性でも女性ホルモンのバランスが崩れて不調を訴える方が多いようです。女性ホルモンバランスが崩れると、若くても更年期障害と似たような症状がでることがあります。

一時期、プチ更年期という言葉が流行しましたが、40歳以下の女性が若くして更年期になることを早発閉経といいます。

もしも体の不調の原因が分からない場合は、まずは病院を受診してみましょう。女性ホルモンは血液中を流れている物質なので、血液検査で簡単に測定することができます。また、ただの生理通や頭痛だとしても大きな病気の前兆である可能性もあります。

ホルモンバランスが大きく崩れる更年期を迎えると、エストロゲンの減少によって様々な病気が引き起こされます。エストロゲンの骨量を保つ働きが弱くなることによる骨粗鬆症になりやすく、血中の脂質を下げる善玉コレステロールの働きが弱くなって動脈硬化を引き起こしやすくなり、脳梗塞や心筋梗塞などのリスクが増加します。

ホルモンバランスの変化

酒田市の不動産
はこちら