女性ホルモンWEB TOP → ホルモンバランスの変化 ホルモンバランスとスキンケア

ホルモンバランスとスキンケア

女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンのバランスをきちんと理解すると、ダイエットや美容にも応用することができます。

月経リズムの中でお肌の状態が変化することを自覚されている女性は多いのではないでしょうか。一般的にはエストロゲンの分泌量が多い月経後から排卵までの卵胞期は肌の調子がよくなりメイクものりやすく、プロゲステロンの分泌量が多い排卵から月経が始まるまでの黄体期は、メイクが崩れやすく肌荒れも起こりやすいと言われています。

表皮の皮脂膜はラップのように皮膚を覆って水分を逃さないように働きますが、この膜は汗腺から分泌する水分と皮脂腺から分泌する皮脂とが混ざりあってできています。

水分と皮脂がちょうどよい比率で混ざり合わないとお肌の状態が悪くなってしまいます。そのため月経周期のホルモンバランスにあわせたスキンケアを行うことは大切です。

月経が起こる月経期は肌が乾燥しやすい時期です。月経期は水分が失われやすい時期で、皮脂の分泌も少ないため肌が乾燥してカサカサしやすくなります。

月経期は体温が低くなり血行も悪くなってしまうため顔色がくすみがちになり、水分が失われやすく皮脂分泌も少ないため肌が乾燥しやすく、バリア機能も低下してしまいます。

月経期のスキンケアでは水分と油分を十分に補給し、血流をよくするために軽い運動やマッサージを行うのがおすすめです。卵胞期は安定している時期なので、通常のスキンケアを行いましょう。黄体期のスキンケアでは、肌の水分量よりも皮脂量の方が多くなるので、油分を控えめにするとよいでしょう。

ホルモンバランスの変化