女性ホルモンWEB TOP → ホルモンバランスの変化 ホルモンバランスとバストアップ

ホルモンバランスとバストアップ

バストアップには女性ホルモンが必要で、バストが大きいか小さいかは、成長の過程での女性ホルモン分泌量が影響します。

そのため成長期に女性ホルモンのバランスが崩れてしまうと、バストアップに影響を及ぼしてしまいます。また、ホルモンバランスの乱れは健康面での悪影響や生理不順となって現れてしまいますので、日ごろの生活を見直す必要があります。

女性ホルモンのバランスは様々な原因によって崩れやすく、うまく分泌されなくなってしまいます。特にエストロゲンの分泌量が減ってしまうと、皮膚の弾力成分であるコラーゲンが減少して結果的にバストが小さくなると言われています。

女性としての成長が始まる大切な思春期にストレスをため込んだり、激しい運動をしたり、栄養不足になったりすると、女性ホルモンのバランスが崩れてしまいバストの成長も不十分になってしまいます。

また、バストのほとんどは脂肪なので、過度なダイエットによって体脂肪を減らしてしまうとバストが小さくなってしまいます。急激なダイエットでも女性ホルモンのバランスが崩れてしまいます。

睡眠不足やストレス、疲労をため込むことでも、女性ホルモンの分泌を調節する脳下垂体の視床下部の機能が低下して、自律神経が乱れてしまうとエストロゲンの分泌量が減少してしまいます。

成長期が終わっていても女性ホルモンの分泌を促すことでバストアップさせることは可能です。ホルモンバランスを崩さない生活を心がけて女性ホルモンを増やすようにすると効率よくバストアップすることができます。

ホルモンバランスの変化

ウォーターサーバーレンタル 無料
天然水を手軽に生活に!

アレグラ
アレグラなら医療関係者向けの製品情報サイトで!