女性ホルモンWEB TOP → 女性ホルモンを増やす方法 大豆イソフラボン

大豆イソフラボン

女性ホルモンはビタミンやミネラルなどの栄養素とは違って、体内の細胞でだけ作ることができるものなので、食べ物によって補給することができません。しかし、摂取することによって体内で女性ホルモンと同じような作用のある植物エストロゲンと呼ばれる成分を含んでいる食べ物があります。

女性ホルモンと同じ作用のある成分で代表的なものが大豆イソフラボンです。大豆イソフラボンを多く含んでいる食べ物は大豆をはじめ納豆や豆腐などの大豆製品です。

女性が1日に摂取した方がよいと言われる大豆イソフラボンの量は50mgで、豆腐であれば半丁、きな粉であれば大さじ3杯、豆乳であれば1カップがその相当量です。

大豆イソフラボンに含まれているフィトエストロゲンと呼ばれる成分が、体内で減少してしまった女性ホルモンのひとつであるエストロゲンの働きを補ってくれるので、身体の機能が調整されたり、更年期の体調不良が緩和されたりすると言われています。

また、ゴマや小麦、えんどう豆に含まれているレソルシル酸ラクトン類も同様に女性ホルモンと同じ作用があると言われています。他にアーモンドやかぼちゃ、アボガドなど多く含まれているビタミンEも女性ホルモンと同じ作用があります。

これらの食品は、女性ホルモンの代わりに作用してくれるさけでなく、更年期障害の症状や生理不順による症状、動脈硬化の予防などでも大きな効果を発揮します。健康でいつまでも若々しく生活するためにぜひ毎日の食生活に取り入れていきましょう。

女性ホルモンを増やす方法

ナースサンダル
ナースサンダルならユニフォームのオンラインショップ e-UNIFORMで!

アンカロン
アンカロンなら医療関係者向けの製品情報サイトで!