女性ホルモンWEB TOP → 女性ホルモンの基礎知識 女性ホルモンとは

女性ホルモンとは

女性は2大ホルモンといわれ、エストロゲンとプロゲステロンの2つのホルモンがあり、これらのサイクルによって女性の身体は成り立っていると言っても過言ではありません。

・エストロゲン(卵胞ホルモン)
卵巣の成熟した卵胞から分泌されます。女性に毎月の月経をもたらすホルモンで、女性らしい体つきや女性の奇麗な肌を作りだし、心と身体のバランスと整えて妊娠しやすい状態にしてくれます。

エストロゲンは体内のカルシウム調節を行う物質のひとつで、カルシウムを腸管から吸収したり骨へ沈着させたりする働きがあり、骨からカルシウムが溶け出してしまうのを防いでくれます。

思春期から分泌され始め、月経周期で見ると主に基礎体温表の低温期で分泌されています。低温期の排卵直前に分泌量がピークになり、性感が高くなり新陳代謝も活発になります。更年期に入ると排卵がなくなり、エストロゲンの分泌も減少していき月経が止まってしまいます。

・プロゲステロン(黄体ホルモン)
卵巣の黄体から分泌されます。女性の月経周期を左右し、妊娠や出産にも重要な役目を果たす女性ホルモンです。

子宮内膜や子宮筋の働きの調整や乳腺の発達、基礎体温の上昇などと深く関係し、妊娠すると出産後に至るまで分泌が続きます。妊娠しないとホルモン分泌が減少して月経がはじまります。

プロゲステロンは血糖値を正常に保ったり、体脂肪を減らしたり、自然な利尿作用を起こしたりする働きもあります。エストロゲンとは異なり美容面ではマイナスとなり、月経前のイライラなどの元になります。

女性ホルモンの基礎知識

ナースシューズ 外反母趾
ナースシューズの外反母趾なら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!