女性ホルモンWEB TOP → 女性ホルモンの基礎知識 女性ホルモンの働き

女性ホルモンの働き

体内で分泌される化学物質であるホルモンの種類は70種類以上もあり、人間の体内で一生のうちに分泌されるホルモンの量はわずかスプーン2,3杯ほどの量といわれています。

その中で女性の卵巣から分泌される女性ホルモンはスプーン1杯程度で女性ホルモンの働きは女性の体のすべてと関係しています。

エストロゲンは妊娠の準備をすすめる重要な女性ホルモンで、女性らしさのもとになり、月経開始から排卵するまでが分泌のピークです。

エストロゲンの主な働き
・排卵や受精に備え卵巣内にある卵胞を成熟させる
・丸みのある女性らしい体つきを作る
・受精卵が着床しやすいように子宮内膜を厚くする
・自律神経を活発化させて体調やストレスの調節をする
・血液循環を良くし、真皮のコラーゲン量を増やして肌に潤いやハリを与える
・カルシウムを吸収して骨に蓄える
・善玉コレステロールを増加させて血管の若々しさを保って動脈硬化を防ぐ

プロゲステロンはマイナス要素の多いホルモンですが、妊娠を維持するために重要な働きをするもので、排卵後から月経開始までが分泌のピークです。

プロゲステロンの主な働き
・受精卵が着床しやすいように子宮内膜をふかふかにしてより厚くする
・高い粘着性のあるおりものを排出し、細菌の侵入による感染から体を守る
・体温を上昇させて基礎体温を高温期にする
・血管を拡張させて血行を悪くし、骨盤内に血液をためこむ。
・体内や脳に水分を貯めこんでむくみのもとになる
・腸の蠕動運動を抑えて便秘を引き起こす
・乳腺の発育を促進させて乳房のハリをまねく
・皮脂分泌を促進させて肌を保湿する
・妊娠に備えて栄養を蓄えて体重を増加させる

女性ホルモンの基礎知識

クエストラン
クエストランなら医療関係者向けの製品情報サイトで!