女性ホルモンWEB TOP → 女性ホルモンの基礎知識 女性ホルモンの増加

女性ホルモンの増加

女性の体内で一生をかけて分泌される女性ホルモンの量はほんのわずかですが、女性の体を維持するためには重要なものでとても影響力が大きいものです。

女性ホルモンが増加し始めるのは、女性が初潮を迎える時期です。初潮を迎えると女性の体は丸みを帯びて女性らしい体つきに変化していきます。これはエストロゲンの分泌によるもので、エストロゲンは自律神経や肌の変化、関節などにも影響を及ぼしてしまいます。

プロゲステロンは妊娠に深く関係しているホルモンで、子宮内膜を厚くふかふかにして受精卵が着床しやすくしたり、体温を上昇させたりします。

これらの2つのホルモンがお互いにバランスよく働くことによって体調が整えられるため、どちらかが多すぎたり少なすぎたりすると女性の体調に様々な影響を及ぼしてしまいます。

月経周期を見てみるとエストロゲンとプロゲステロンの増減とその影響がよく分かります。生理中は2つの女性ホルモンの分泌量が少なくなりますが、生理後から排卵にかけての期間を卵胞期といい、この時期はエストロゲンの分泌量が増加します。

卵胞期はエストロゲンの作用で、肌がツヤツヤになって、気分も安定した状態になります。代謝機能も上がるのでダイエットするのに効果的な時期で、やる気も起こりやすくなります。

排卵から整理開始にかけての期間を黄体期といい、この時期はプロゲステロンの分泌量が増加します。

黄体期はプロゲステロンの作用で、イライラしたり、頭痛や便秘、肌荒れなどに悩まされることが多いようです。黄体期はエストロゲンよりもプロゲステロンの分泌量が多くなる時期です。

女性ホルモンの基礎知識

エボルトラ
エボルトラなら医療関係者向けの製品情報サイトで!