女性ホルモンWEB TOP → 女性ホルモンの基礎知識 女性ホルモンの減少

女性ホルモンの減少

女性ホルモンの減少と関係するのは、女性でいうと月経不順や更年期障害、肌トラブルなどがよく知られています。これらは主にエストロゲンが減少してしまうことによってプロゲステロンが優位になるため起こるものです。

生理不順や更年期障害は女性ホルモンであるエストロゲンの減少が原因となって起こります。エストロゲンが減少して不足することによって、女性の身体には大きな問題が起こってしまいます。生理不順の中でも無排卵月経は特に気をつける必要があります。

向排卵月経を放置してしまうと急激にホルモンが減少していき、通常50代で経験する更年期障害と同様の状態になる若年性更年期障害を引き起こしてしまいます。

また、エストロゲンの減少は女性の身体を老化させてしまいます。エストロゲンには、骨にカルシウムをため込んだり、コラーゲン生成を促して肌にハリと潤いを与えたりする働きがあります。

そのためエストロゲンが減少してしまうと、骨がもろくなり、肌の美しさを保つことができなくなってしまうのです。

同じようにプロゲステロンが優位になることで起こる症状が月経前症候群です。月経前症候群は女性の約80%が経験すると言われていて、月経前になるとイライラや気分の落ち込み、体の不調などの症状が起こります。

女性だけに関係するように思われる女性ホルモンですが、実は男性にも大きな影響を及ぼすようです。髪の毛については女性ホルモンの影響が大きいといわれ、これは男性にとっても深刻な問題となります。

薄毛や髪の毛が細くなる症状は女性ホルモンの減少によるもので、男性ホルモンが優位になることで起こります。

女性ホルモンの基礎知識

錦糸町 美容室 美容院 メンズ 人気 カット ヘアカラー オススメ
株式会社TRANSACTION