女性ホルモンWEB TOP → 女性ホルモンの基礎知識 その他のホルモン

その他のホルモン

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンがありますが、ホルモンバランスを整えて女性らしく生活していくためには、これらと密接に関わっているホルモンについて知っておく必要があります。

女性ホルモンのバランスの乱れによって身体の不調や異常が見られる場合は、それらのホルモンの役割も関係してくることが多いのです。

女性の体は思春期になると月経が始まり、定期的に卵巣から排卵するようになります。この指令を伝えるのはゴナドトロピン放出ホルモンと呼ばれるもので、脳の視床下部から分泌されています。

そしてゴナドトロピン放出ホルモンは脳下垂体を刺激して、下垂体からゴナドトロピン(性腺刺激ホルモン)が分泌されるように促すのです。 ゴナドトロピンにはFSHとLHの2種類のホルモンがあり、これらのバックアップによって排卵や月経が起こります。

・FSH(卵胞刺激ホルモン)
脳下垂体から分泌されるもので、排卵に備えて卵胞を発達させる働きをします。このホルモンの分泌が少ないと無排卵になってしまいます。男性の体内では精子の成熟を促す働きをしています。

・LH(黄体形成ホルモン)
脳下垂体から分泌されるもので、卵胞を成熟させる働きがあり排卵直前になると一気に分泌されて排卵を促進します。

もうひとつ脳下垂体から分泌されるもので女性にとって重要な働きをするのが、プロラクチン(乳汁分泌ホルモン)です。プロラクチンは、母乳を分泌するために産後の無月経を起こす働きがあります。

プロラクチンの分泌異常が起こると、卵巣の機能が止まってしまうことがあり、無排卵、無月経を引き起こして不妊の原因となってしまいます。

女性ホルモンの基礎知識