女性ホルモンWEB TOP → 女性ホルモンと病気 月経不順

月経不順

月経は主に卵巣から分泌される女性ホルモンの働きによって起こり、卵巣の働きをコントロールしているのは脳の視床下部です。視床下部は同時に自律神経もコントロールしているためストレスの影響を非常に受けやすい部分です。

視床下部がストレスを受けことによって自律神経に乱れが生じると、女性ホルモンのバランスが崩れて月経不順を引き起こしてしまいます。月経不順には周期や状態によって様々なものがあります。

・無月経
初経が来ない原発性無月経と期間的に月経がこなくなる続発性無月経があります。続発性無月経は、ストレスによる女性ホルモンのバランスが乱れることが原因となっています。

・稀発月経
正常な生理周期である25〜38日よりも周期が長い場合を稀発月経といいます。稀発月経は無排卵の場合もあり、そのまま放置すると無月経となることがあります。原因にはストレスによるホルモンバランスの乱れが関係しています。

・頻発月経
正常な生理周期である25〜38日よりも周期が短い場合を頻発月経といいます。無排卵であることが多く月経血量も少ないのですが、長期間続くことになると出血量が多くなって貧血を起こす場合があります。

・過多月経
生理時の出血量は1回に約50〜100ml程度が平均で、2〜3日は出血量が多いのが普通ですが、出血量が多い日が続いたり、月経血の中に血のかたまりが混ざっている場合は過多月経となります。過多月経は出血量が多いため貧血になりやすくなります。子宮筋腫や子宮内膜症の病気では過多月経の症状があらわれます。

女性ホルモンと病気

インタール
インタールなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

エアコンクリーニング 大垣
エアコンクリーニングを大垣でならまごころ便利屋スマイルで!