女性ホルモンWEB TOP → 女性ホルモンと病気 更年期障害

更年期障害

更年期障害は更年期の女性の卵巣機能が衰えて、ホルモンのバランスが崩れることによって起こる様々な症状のことです。

更年期とは卵巣機能の衰えによって、女性ホルモンが欠乏するようになってから安定するまでの間の時期をいいます。具体的には閉経前後10年ぐらいの期間になります。

現在、日本女性の閉経年齢の平均は50歳前後といわれているので、平均的更年期は40代半ばから50代半ばまでの期間となります。

更年期に入るとそれまで卵巣から分泌されていた女性ホルモンの量が減少していき、ホルモンバランスが崩れるようになります。

しかし、脳下垂体は女性ホルモンを分泌させるよう性腺刺激ホルモンを分泌させるため、自律神経に影響を及ぼし様々な更年期症状となって現れてしまいます。

更年期の兆候は月経の乱れで確認することができ、初めは月経周期が短い周期になります。人によっては、月経が月に2回訪れることもあり、月経血の量も少なくなります。

これは、減少してしまったエストロゲンをもっと分泌するために脳下垂体が性腺刺激ホルモンをどんどん分泌するようになるからです。

その後はさらに月経周期が乱れて、短くなったり長くなったり、長期間続いたり短期間で終わったり様々な変化が起こり、やがて月経周期が長くなって閉経を迎えるようになります。

更年期障害の症状は、自律神経の乱れによって起こるのぼせや発汗が有名で、上半身が暑くなって発汗しますが、手足は冷えて耳鳴りが起こったりもします。この他にも頭痛や肩こり、腰痛、疲労倦怠感、頻尿、腟や尿道のヒリヒリ感などもよく見られる症状です。

女性ホルモンと病気

イモバックス
イモバックスなら医療関係者向けの製品情報サイトで!