女性ホルモンWEB TOP → 女性ホルモンと病気 若年性更年期障害

若年性更年期障害

若年性更年期障害とは通常閉経前後10年間の更年期に起こる更年期障害と同じような症状が、20代や30代の若い女性に起こるものです。

日本女性の閉経年齢の平均は50歳前後でその前後10年間の間が卵巣の働きが低下していく時期であり、それによるホルモンバランスの乱れから様々な症状を引き起こします。

これは閉経が近づくにつれてエストロゲンの分泌量が減少するにもかかわらず、脳からエストロゲンをもっと分泌するように指令が出されることで、女性ホルモンのバランスが乱れるうえに自律神経の働きにも影響が及ぼされるからです。

最近、増えつつある若年性更年期障害では、更年期障害と同様の症状が現れることがありますが、本当に閉経に至る方は少ないと言われています。しかし、中には40代前半で閉経に至る方もいるようですので注意が必要です。

若年性更年期障害の主な原因は、ストレスや過激なダイエット、不規則な生活などと考えられています。それらの要因によって卵巣機能が低下して女性ホルモンのバランスが乱れてしまい、更年期障害と同様の症状が現れてしまうと言われています。

とくに月経不順や無月経がある女性は、放っておくと若年性更年期障害になってしまう可能性が大きいため、婦人科を受診して検査を受けるようにしましょう。

更年期障害の検査では、血液検査によって血液中の女性ホルモンの量を測定して、エストロゲンが減少していないか、卵胞刺激ホルモンが増加していないかなどについて調べます。

女性ホルモンと病気

エダラボン
エダラボンなら医療関係者向けの製品情報サイトで!