女性ホルモンWEB TOP → 女性ホルモンと病気 不妊症

不妊症

妊娠は排卵、受精、着床といった流れによって成立するものですが、この流れのどこかでホルモンバランスが乱れてしまうと不妊症につながってしまいます。

・排卵障害
卵巣機能が低下して女性ホルモンの分泌がうまくいかないと、ホルモンバランスが乱れて月経不順となってしまいます。中でも無月経や無排卵月経が起こっている場合は、自力で排卵できない状態で不妊症の原因となってしまいます。

卵巣機能の低下は通常更年期に現れるのですが、最近では若くても卵巣機能低下症が見られるようです。原因は生活習慣の不摂生から体が冷えたり、運動不足から十分な血液が卵巣に運ばれず卵巣機能が低下してしまうのではないかと考えられています。

・黄体機能不全
排卵後に卵巣では卵胞が黄体に変化して、そこからプロゲステロンを分泌します。このプロゲステロンは子宮内膜の分泌性変化を起こして子宮内膜を厚くふかふかにして、受精卵が着床しやすい状態にしてくれます。

しかしプロゲステロンの分泌量が少ないと、受精しても受精卵が着床できないため不妊症や流産の原因になってしまいます。

・高プロラクチン血症
プロラクチンは脳下垂体から放出される刺激ホルモンのことで、高プロラクチン血症はプロラクチンの値が高いことをいいます。プロラクチンは出産時に分泌されて乳汁の分泌を促します。

プロラクチンは排卵を止める作用があるため、無排卵や無月経を引き起こして不妊症の原因となってしまいます。脳下垂体のトラブルや視床下部のトラブル、甲状腺機能低下などが原因とされています。

女性ホルモンと病気

レーシック
レーシックなら吉野眼科の吉野先生がオススメです!

クラフォラン
クラフォランなら医療関係者向けの製品情報サイトで!